LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

月の話をしよう(碧月)
碧月=MIDOMOON=みどむ。
なんとなんと。1年8ヶ月にわたり、書いてしまった
『月の話をしよう』。アルテミスに始まり、アポロまで。
最初は軽ーい気持ちだった。みどむは月が好きで、
MIDOMOONワールドの住人で、みんなと月の話がしたい、
それだけだった。でも、書いてみると意外なことに
男性に好評だった。ん。男の子って、宇宙とか星とか
好きだもんねー。ありがとねー。
調べて聞いて発見して。みどむなりに月のいろんな顔を
話してきたと思ってる。なので、ちみっと淋しい気も
するんだけど、とりあえず、今回でお終い。
「月って言ったら、まだあの話をしてないじゃん!」って
思う人もいるかもしれない。みどむも、憶い出すかも
しれない。その時は違う形で話したいと思ってる。
最後に‘月’が出てくる大好きな歌を抜粋で書いておくね。
『月の話をしよう』が好きだって言ってくれたみんな、
本当にありがとう。これからもよろしくね。
さて。次はどんなシリーズを創ろうかなあ。

『CHARA/月と甘い涙』

どうしたいの?雨よ逃がしてよ二人を
本当の夢よ
お願いよ
あるのは月と甘い涙だけ
いつだって会えるよと泣いた

『RUI/月のしずく』

言ノ葉は月のしずくのしらべ
哀しみは泡沫の夢幻

「逢いたい」と思う気持ちは
そっと今願いになる
哀しみを月のしずくが
今日もまた濡らしてゆく

下弦の月が浮かぶ
鏡のような水面

「恋しい」と詠む言ノ葉は
そっと今天つ彼方
哀しみを月のしずくが
今日もまた濡らしてゆく

下弦の月が謡う
永遠に続く愛を...
| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
<< みどむの法則 | main | 食パンの耳・パート...いくつだっけ? >>









url: トラックバック機能は終了しました。

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--